漁師関連の情報を収集してます
by yfg1f2x5fz
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
日本振興銀行を本格捜査へ=メ..
at 2010-06-16 10:00
民主新執行部、今夕に記者会見..
at 2010-06-07 10:52
<質問なるほドリ>衛星はどう..
at 2010-05-28 02:57
新型水虫が格闘技部の中高生に..
at 2010-05-19 12:33
普天間移設 亀井氏「くい打ち..
at 2010-05-12 11:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<皇太子さま>国民と接する機会大切に 50歳会見(6)(毎日新聞)

 関連質問1 皇室のあり方に関連してお尋ねさせていただきたいと思います。殿下は昭和60(1985)年、英国ご修学を終えられた際の記者会見で、皇室観について、一番必要なことは国民の中に入っていく皇室であること、そのためにはできるだけ多くの国民と接する機会をつくることが必要と話されました。立太子礼を前にした平成3(1991)年の記者会見でも、そのお考えを改めて伺ったところですけれども、それから皇太子殿下になられて20年余り、50歳にあたって改めて殿下の描く皇室観、皇室像というものをお聞かせいただけないでしょうか。立太子礼の会見の折に達成度合いについてのお尋ねをしたところですけれども、その点についても併せてお聞かせいただければと思います。

 皇太子さま 先ほど公務に対する考え方の質問の中でもお話ししましたように、天皇は日本国、そして国民統合の象徴であるとの日本国憲法の規定に思いを致して、そして国民と苦楽をともにしながら国民の幸せを願い、象徴とはどうあるべきか、その望ましい在り方を求め続けるということが大切なのだと思います。その意味で、私が20年以上前に述べた国民の中に入っていく皇室、そのためにはできるだけ多くの国民と接する機会をつくることが必要であるという考え方は今でも変わってはおりません。それから、達成度ということについては、その当時も途中の段階であるというふうに申し上げたと思いますけれども、先ほど50歳にあたって更に学ぶことの大切さということを申し上げました通り、道はまだ半ばであるというふうに今でも申し上げられると思います。

エンデバー 米ケネディ宇宙センターに帰還(毎日新聞)
<民主党>生方氏ら政調設置の要求方針 執行部は警戒感(毎日新聞)
氏名確認せず携帯電話貸す=「090金融」グループに−容疑で経営者ら逮捕・警視庁(時事通信)
石原知事、高橋の銅メダル「まあ、銅から始めようだな」(産経新聞)
<地震>福島、茨城などで震度3=午後6時53分(毎日新聞)
[PR]
by yfg1f2x5fz | 2010-02-25 16:09
<< KDDI顧問の伊藤氏を擁立=国... <長崎知事選>「政治とカネ」も... >>